日本語教師になるには?

Hola!@Chiaquitaです。

今日は移住後の仕事として考えている、日本語教師についてです。
日本語教師って、どんなイメージがありますか?

海外で働ける、日本語が話せる人なら誰でもできる仕事?

これが私が日本語教師を目指す前のイメージです。
資格を取った今言えることは、日本語が話せたとしても簡単になれる職業ではない!ということをこれから説明していきたいと思います。

でも、海外に出て働きたい!教えることが好き!という人にはぜひ挑戦してほしい職業です。

日本語教師とは

日本語教師とは、日本語を母語としない人に人々に対して日本語を教える仕事です。働くのは下記のような場所です。

  • 民間の日本語学校
  • 企業
  • 大学

国家資格ではないので、ボランティア等お給料を貰わないという形で教えたいと思えば誰でもできます。(ボランティアでも資格を取っている方もたくさんいます。)

日本語教師までの道のり

多くの民間の日本語学校、企業では下記のいずれかに該当することが求められます。加えて、4年生大学を卒業していることが必要です。
※法務省告示校以外の日本語教育機関(海外・企業への派遣など)で働く場合には、学士は必須ではないようです。

  • 日本語教育能力検定試験合格者
  • 日本語教師養成講座420時間修了者
  • 大学で日本語教育専攻、または副専攻

ひとつずつ解説していきます。

日本語教育能力検定試験合格者

私が日本語教師を目指す時にまず先に挑戦したのがこちら、日本語教育能力試験。

日本語教員となるために学習している者,日本語教員として教育に携わっている者を対象として,日本語教育の実践につながる体系的な知識が基礎的な水準に達しているかどうか,状況に応じてそれらの知識を 関連づけ多様な現場に対応する能力が基礎的な水準に達しているかどうかを検定することを目的とする。

日本語能力検定試験HP

つまり、日本語を教える際の専門的な知識が身についているかを図る試験です。この試験と養成講座を修了している人もたくさんいます。

控えめに言ってもめちゃくちゃ難しい!私はよく調べもせずに、試験を受け見事に不合格。こんなに難しいんだったら日本語教師は難しいかもしれない・・とその後3年間も打ちのめされて何もせずに過ごしてしまいました。

今だったら、あの時の自分に試験よりまず先に養成講座に通うことを勧めます。

日本語教師養成講座420時間修了者

日本語能力検定が日本語の知識を図る試験ということに対し、養成講座では日本語の知識と教え方について学ぶことができます。内容は日本語教師に必要な専門的な知識、初級〜上級までの教え方、演習です。

知識

専門的な知識は日本語教育能力試験に準じた内容なので、養成講座を修了した後、日本語能力試験に挑戦する人も多いです。

教え方

講師は実際に日本語学校で働いている先生がほとんどなので、実際の日本語学校での生の声を聞くこともできます。

就職

面接指導やセミナー、求人情報など様々なサポートを受けられます。

大学での日本語教育専攻、または副専攻

大学や大学院で日本語教師になりたい人はこちら。私は日本語養成講座に通うまで、日本語教育をやっている大学があることすら知りませんでした・・

養成講座よりより日本語を深く追求することができます。研究や論文、理論がメインのため、教育実習の時間が少なめです。大学と並行して、養成講座に「教える力」をつけるために通っているクラスメートもいました。

ちなみに日本語養成講座の講師になるには、大学院で修士までが必須とのことです。

まとめ

日本語教師は上記の3つの方法でなることができますが、養成講座はどの学校でもセミナーや説明会を行っています。気になる講座があれば、まずは見学に行ってみましょう。

日本語教師を目指して一緒に勉強していたクラスメートの年齢そうは様々でした。20代〜60代までの幅広い世代が一緒に一つの目標を目指すことができるのは日本語教師ならではではないでしょうか。学校や企業のニーズによって求められる教師は異なります。

次の記事では会社員をやりながら、養成講座を修了した私が通学期間や費用、仕事の探し方などをシェアしていきたいと思います。