忘れていませんか?海外移住後の住民税のこと

Hola! @Chiaquitaです。

移住やワーキングホリデーを考えている方、海外移住したあとの住民税のことは考えていますか?

移住に必要な書類や住む場所、仕事など日本を出てからの生活についての準備で、頭から抜けていたり・・会社でお勤めの方は、月々の給料から天引きされている場合が多いのでそもそも住民税の支払いについてあいまいな場合もあるのではないでしょうか。

出国のタイミングによっては移住後でも支払う必要があったり、知らない間に未払いのため遅延金が発生してしまうかもしれない住民税について書きました。

そもそも住民税って?

住民税は前年の所得に基づいて、1月1日に日本に住所があった人に課税されます。その年の6月から翌年5月にかけて毎月納税していくことになり、出国のタイミングで移住後の住民税の支払いが決まります!

なので、12月31日までに海外転出したらその年の住民税の支払い義務がなくなります。1月1日以降に日本から転出する場合は、前年の収入に基づいて住民税の支払うことになります。納税の通知書は6月に区役所などから送付されてきます。

私の場合2019年6月頃に出国予定なので、通知書が出国後にきた後でも2018年分の住民税の支払いをしなくてはいけません。

移住してからの住民税の払い方

出国してから、前年度の住民税の金額の確認や支払いはどうすればよいでしょうか?
移住後の納税方法は2つ。

  1. 納税管理人に頼む
  2. 最終給与から一括で翌年の5月分まで天引きしてもらう

納税管理人とは?

納税義務者に代わり、納税に関する一切の手続き(書類の受領、納税や還付金の受領など)を行う人のこと。海外へ出国されるなどの理由で、納税通知書などの受領や納税ができなくなる場合は、出国する前に納税管理人の申告をする必要があります。

この手続きは、自分と納税管理人になってもらう人の氏名・住所・捺印を所定の申し込み用紙に記入して区役所に出せば完了!

納税管理人を立てずに海外に行くと、納税通知書が手元に届かず、未払い状態になってしまうこともあるので注意が必要です。

住民税の金額を減らすことはできる?

海外移住するのに住民税って払わなくてはいけないの?と思いますよね。移住1年目は、出国のタイミングにもよりますが住民税の支払いが必要です!(納税金額の減額や免除もありません・・)

そこで私がたどり着いたのは、ふるさと納税!!
12月までにふるさと納税を利用すれば、納税金額は変わりませんがふるさと納税した分は控除の対象となるんです。

ふるさと納税とは?

自分の選んだ自治体に寄附を行うと、控除上限額内の2,000円を越える部分について税金が控除されます。ふるさと納税をすれば、返礼品がもらえる!そしてふるさと納税した分だけ、移住後の住民税の控除が受けられるので、メリットしかないです!!

早速ふるさと納税に挑戦してみたので、詳細は次のページで。

 

まず年金について知りたい方はこちらをチェック