【海外旅行者向け】日本にくる前に知っておくこと

Hola! @Chiaquitaです。

皆さんは外国人の友達に、日本に旅行に来た際の日本での交通手段や注意点などを聞かれたことはありませんか?

何度も同じ内容を説明するのは正直面倒だな・・と思っていたので、次に聞かれたときにはブログを見てね!と言えるようにいつも友人が来たときに説明している内容をまとめました。

日本人では使えないお得なサービスもあるので、お役に立てば嬉しいです。

SIMカード

日本についたらまず空港でSIMカード購入することを買いましょう。

スマートフォンを使うことができたら、地図アプリやLINEなどのメッセージアプリでやりとりできるだけでなく、SNSにすぐに写真をアップロードすることもできます。

日本の標識や電車の乗り換えって、日本語以外の表記があってもわかりにくいことも多いのでスマートフォンが使えないとすごく不便だと思います。

購入できる場所

SIMカードを買うなら家電量販店一択

家電量販店は街中に行かないとないんじゃない?と思われる方もいるかと思いますが、成田空港にも羽田空港にも家電量販店があります。

空港のカウンターはいわゆる、空港価格でサービスを提供しているので基本少し高めです。時間がない、お金に糸目をつけないという方以外は空港内の家電量販店へ。

羽田空港 Air BICCAMERA​羽田空港国際線ターミナル店

場所:国際線ターミナル2階 到着ロビー
営業時間:7:00〜22:00

購入できるSIMカードの種類:IIJmio、FREETEL、Biglobe、b-mobile、SoftBank

成田空港 Air BIC CAMERA 成田空港第2ターミナル店

場所:第2ターミナル4階
営業時間:7:30〜21:00

購入できるSIMカードの種類:IIJmio、FREETEL、Biglobe、b-mobile、SoftBank

色々なSIMカードを比較できるのも、家電量販店のメリットです。

SIMカードの選び方

SIMカードの選びかは大きく分けて2つあります。

使用期間

7・21・30日間の使用可能期間から選びます。値段は使用可能期間が一番短い7日間のものが安いので、滞在期間に合わせて選んで見てください。

データ容量

500MB〜7GBまで選ぶことができます。データ容量が少ないほど安いです。

私は2週間の旅行で、wifiがある場所ではなるべくSIMカードのデータを使わないようにして、5GBでデータで十分でした。使用可能期間×データ容量で値段が決まります。安いものは1,000円以下〜8,000円まで幅広いので旅程や予算に合わせて選んで見てください。

家電量販店や通信会社カウンターの他に、空港内のコンビニや自動販売機でも買うことができます。

JAPAN RAIL PASS

ジャパン・レール・パスは、JRグループ6社が共同して提供するパスで、日本中を鉄道でくまなく旅行して回るのに最も経済的なきっぷです。

JAPAN RAIL PASS

観光目的で日本にきた外国人のみが買うことができる新幹線乗り放題パスなんです!値段は期間によって異なりますが、7日間で29,110円〜となっています。新幹線だけでなく、JRグループの鉄道・バス・フェリーにも乗ることができます。

日本に到着してからでも購入できますが、事前にインターネットで購入するとよりお得になります。

日本人でも買うことができる?

海外在住の日本人であれば、条件付きで買うことができます。

条件は日本のパスポートと在留期間が連続して10年以上であることを確認できる書類が必要。なかなかハードルが高めです。もし条件に満たしていない場合は青春18切符を活用するのも良いかもしれません。

支払い方法

現金

最近はクレジットカードを使えるお店が多くなって来ましたが、小さな飲食店や切符の購入などは現金しか使えないこともしばしば。海外ではメジャーなデビットカードも、クレジットカードと同じく使えないお店があるので注意が必要です。

ATMも海外発行のキャッシュカードが使えない場合もあるので注意が必要です。

海外発行のキャッシュカードを使うにはこのマークが目印です。このマークがある各銀行のATMでは海外発行のキャッシュカードが使えます。ない場合は・・セブン銀行とゆうちょ銀行に行きましょう。この二つの銀行はほとんどのカードに対応しているし、全国どこにでもありますよね!

 

海外から日本に来るお友達が、快適に旅行できますように!